メイドカフェの運営話(常設ではない週末イベント開催で店舗アイドルタイム活用)

6月 29, 2022

Last Updated on 7月 1, 2022 by jun

知り合いが週末イベント形式のメイドカフェを主催していたのでイベント運営者としての体験話を聞いてみました。
長いこと活動していることは知っていたのですが、自分が実際に行ったのはほんの数回です。
場所は福岡市中央区のキッチン付きイベントスペースです。
このビルの他の会議室をイベント参加で利用したこともあります。

秋葉原的なサブカルみたいに思っていたのですが、ちょっと調べてみたら明治時代の後期にはメイドカフェがあったらしいです。
残っている写真を見ても大正時代から昭和10年代の戦争時代に入るまでの日本のカフェ文化は凄いものがあります。
当時の建築も細部までこだわったもので戦後とは方向性が違うのが分かります。

日本のサブカルチャーと言いますけどすでに何回も流行は輪廻してて100年~200年前、さらに300年ぐらいでも遡ってもいけるような事も結構あるみたいです。 

ZOOM会議の様子です。
UMデザインのジュンが聞き役です。
話題は知り合いのメイドイベント主催者さんの運営に関わる話です。
2022年のイベント休止期間中に収録したものです。

このような動画を制作した場合の料金(ネット会議のデータから編集)

素材提供を元に編集(動画の長さは10分以内)料金(税込み)
【編集作業】校正対応1回のみ。66,000(税込)
【編集作業】再編集1回につき。33,000(税込)
すべて事前に打ち合わせとスケジュール表に基づきお見積りします。
お見積もり時に技術的な問題がないかデータを審査いたします。
お客様は原稿データ(動画や文字原稿など)をご用意ください。
上記には再編集による追加作業料金を含みません。
納品される動画制作の画質(規格)はフルHDになります。
2022年現在、4K映像の制作には対応しておりません。

この動画について(編集後記)

表紙モデル撮影:カワモト ジュンイチ
Youtubeチャンネル:UMデザイン@福岡
お問合せ・ご相談:福岡のカメラマン

目次 00:00
始まり 01:38
スマホ以前の頃 03:23
お店を借りる 04:10
お店を知ってもらう方法 04:56
愛読書はありますか? 05:17
どの媒体がいい? 05:42
個人ブログが来た 06:56
流行の繰り返し 07:53
コンセプトを変えて再出店

話し手:瀬戸古都さん「Teasalon ALICE」主催 公式 https://teasalonalice.mystrikingly.com
聞き手:ジュン@UMデザイン 公式 https://um-d.com

動画制作

Posted by jun